仏心のある生活」


 先代住職 故佐伯隆義僧正は檀信徒の方々へ、
布教の一環として「伝道はがき」を出していました。

すでに執筆してから30年以上たっているものもあります。
そのままの原稿を載せていますので、そのことも含んでいただきお読みになって下さい。

「仏心」とは、私たちが生まれながらにして心の底に授かっている「善根」のことです。
この善根に水をやり、花に育て、香りを他に施し、一隅を照らす生き方が「仏心のある生活」です。

お読みいただき、心の支えになることを願っています。      合掌

1.宗教の原点

2.仏と成仏

3.無常観

4.ほとけとの出会い(1) (和顔愛語)

5.怨憎会苦と和の精神

6.さよならだけが人生だ(愛別離苦)

7.ほとけとの出会い(2)


8.平常心

9.陰徳(1)

10.お正月を待つ


11.心の時代 

12.陰徳(2)


13.「中道と彼岸」


<トップページ>






 Copyright(c) 2012-2015 Housyuin All Rights Reserved.